Icon search
JP 日本語

権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。

権利確定(べスティング)とは何にかまだ不明の方々へ、本記事では徹底に解説いたします。

ブロックチェーンプロジェクトを立ち上げる際には、プロジェクト公開後確実に存続できるよう、資金調達活動を行う必要があります。

さらには、トークンの権利確定は、全体ブロックチェーンプロジェクトの資金調達にとって重要であるだけでなく、投資家に最初から分配されているトークンが長期間で保有されてもらうことにも繋がります。

調査結果よると、成功したプロジェクトの多数は、厳密に立たれていた権利確定スケジュールがあります。例を挙げられるのは、クロスチェーンNFTブロックチェーンネットワークである「Efinity」という名づけで、2009年から活躍されているプロジェクトです。

分析者は、「Efinity」が繁栄している理由の1つとして、発売時に5年間のべスティングスケジュールを実施したためであるとご意見を述べています。 同様に、最も急成長しているゲームプロジェクトの1つであるAAGも、Vestedトークンを4年間でリリースされる計画を立てたられました。

DeFiプロジェクトやDAOsにおいて、べスティングという単語は良く周知されているようになり、通常に使われているが、べスティングとはどのよう意味を持っているか、まだ不明の人もいます。実際に、一部の読者がべスティングについてどれだけ混乱していると感じしたかも共有していただきました。

この記事では、べスティングについて徹底的に説明いたします。 その上、マニュアルべスティングの課題と、べスティングソリューションが必要になる理由も述べさせていただきます。

 

暗号通貨のべスティングとは何でしょうか。

べスティングはラテン語の「vestire」から由来します。 文脈に入れると、vestireは、資産を第三者の管理下に置くことを示しています。

DeFiプロジェクトでは、トークンのべスティング(トークンのロックアップで呼ばれることもあります)は、循環されているトークン全体の一定量をロックアップするプロセスです。

 これらのトークンは、合意された期間(通常は数年)にわたってリリースされることがよくあります。

Vestedトークンを受け取られる対象は、コアチームメンバー、パートナー、およびアドバイザーとなります。トークンべスティングを実施する目的ですが、プロジェクトの主要な利害関係者が同じタイミングで報酬を受け取らないようにすることであり、それによって彼らの応援を長く確保しつつ、プロジェクトの成長を確実にさせます。

次の簡単な説明を記憶しておいた方が良いと考えております。

べスティングとはトークンを事前ロックアップすることであり、プロジェクトの成長に伴って徐々にリリースされていくという意味です。

 

べスティングの起源について

DeFiの他のいくつかの概念と同様に、トークンのべスティングは従来の金融にそのルーツがあります。労働政策として組み込まれていたときからべスティングが

流行されるようになります。

つまり、多少の企業は、従業員の給与の一部を何年にもわたって保持し、退職時までに受け取ることができるようにするというポリシーを採用しています。権利確定(べスティング)の目的は、従業員が企業で長年務めてもらうようにすることです。

徐々に、様々なスタートアップが同様なポリシーを採用し初めて、権利確定という考えは伝統的な会社を超越しました。従来の企業は従業員の務める期間を長くするために権利確定(べスティング)を採用しましたが、ブロックチェーンプロジェクトでは、投資家の投資期間を長くするために権利確定を採用し始めました。

暗号通貨業界において、べスティングがどのように流行になったのか。

DeFiがより主流されるようになり続ける背景では、一部の投資家が保有されているVeトークンを良くPumpしたり、Dumpしたりして、プロジェクトが提案している価値への信頼感が薄い状況です。

対策案として、暗号通貨プロジェクトがVestedトークンの概念を採用して、その状況を解決できるようにします。

マニュアルべスティングの課題について

トークンのべスティングは、マニュアルべスティングとべスティングソリューションの2つの方法で実施することができます。

 マニュアルべスティング(手動権利確定)にはコスト面ではメリットが多いとみなされていますが、実際は全体面では、多数の課題がまだ存在しているようす。厳密に比較した上、マニュアルべスティングを行うことより、べスティングソリューションを採用することは利点が多いと評価されています。

詳細には、下記のようにマニュアルべスティングの5つ課題を挙げていきます。

1.過剰な取引手数料

従来の金融だと、銀行で、取引する際には、手数料が差し引かれることがよくあります。Defiの方でも同様なごとが発生し、それぞれトランザクション実行するには手数料がかかります。

イーサリアムブロックチェーン上で、これらの手数料が「ガス代」だと呼ばれた方がより分かりやすいです。

さて、マニュアルべスティングを実行する場合、それぞれトランザクションにかかるガス代が次々と積み上がって、過剰な金額になってしまうのは間違いないです。

特に、イーサリアムブロックチェーンネットワークで生まれるECR-20標準のトークン だと、ガス代が高騰される問題に巻き込まれて、いつか耐えられなくなる可能性があるでしょう。

2.非常に時間がかかる

プロジェクトには、コアチーム、パートナー、アドバイザー、プレセールの投資家など、多くの被害関係者が参加しています。 プロジェクト規模により異なっているが、通常として、開発チームとアドバイザーは約50名ですが、プレセールに参加している投資家は最大4000名となる時もありえます。

こような膨大な人数の場合、トークンを手動で配布しようとすると、多大な時間がかかるのは間違いないでしょう。

それに加えて、暗号通貨に関わる取引を定期的に行う人間はミスが起こりやすいというお声が高まっており、それらミスにより、大変な結果を及ぼすのは過言ではありません。

3.不正行為の可能性

暗号通貨業界では、いわゆるユーザーからの信頼性が最優先です。その理由で、資産全体の存在と管理上では、透明にさせないといけません。

マニュアルべスティングでは、プロジェクトのトップマネジメント(創設者も可能)の中から、1名か2名を選定して、トークンがロックアップされているウォレットにアクセス権限を付与することが多いです。

上記の実施方法だと、課題をいくつか示していきます。まず、選定されている人達はVestedトークンを配布されている対象であり、彼らはウォレットからトークンを全部引き出さないかその可能性を判断するのが非常に難しそうです。

上記の行為に止ま図に、プロジェクトのトークンが史上最高価格に達成した時点では、彼らはトークン全体を撤回し、ダンプ してしまうことはあり得るではないかと判断されています。

以前、同様な事件が発生したと発表されました。Africryptの創設者が、約40億ドルの流動性が一気に出金されてしまいました。その直後、プロジェクトを完中止というお知らせも出てきました。その一つの原因としては配布されたVestedに関係があったとみなされています。

4.サイバーハックの脆弱性

セキュリティは、プロジェクトが成功するかどうかを決定するための重要な基準ですが、マニュアルべスティングでは、創設者はウォレットの操作権限を持っているため、それこそセキュリティリスクが潜んでいます。

配布されているVestedトークンをハードウォレットに保管した方が、より安全だと信じている人が多いようです。ただし、その保管方法がホットウォレットと同じぐらい危険性があります。数週間前、ハッカーによりハードウェアウォレットから200万ドル相当の暗号通貨が引き出されてしまった引き出されてしまったというニュースを The Vergeのサイト上で公開されました。

一方、The Mesariのレポートでは、暗号通貨に関するハッキング事件の割合が今年には急激に増加する傾向があると予測しました。

 Crypto.comにより、一部のユーザーの資産がハッキングされて、不正な引き出しの金額が約3,000万ドル相当していることを確認されました。それは上記の予言が正しくなる証拠の一つであるかと言われています。

https://twitter.com/cryptocom/status/1484057491323645952?t=LgWt23sIOwHxjjmXh7je1g&s=19

本項では、マニュアルべスティングにはセキュリティリスクが多く、推薦ではない手段だと明確にしました。

なぜべスティングソリューションが必要になるのか

上述でマニュアルべスティングに関する課題とリスクを解説させていただきました。

それらの課題・リスクを解決するため、べスティングソリューションが誕生されました。べスティングソリューションがより効率で、多くの事業者に好まれているようになります。

ベスティングソリューションとは、多数の適格なウォレットアドレスへの一定量のトークンを定期的で、自動にリリースできるように作成されきたスマートコントラクトです。

なぜほとんどのDAOやDeFiプロジェクトにはベスティングソリューションが活用されているか、疑問に思われるかもしれません。ただし、マニュアルべスティングと比較すると、べスティングソリューションの方は利点が圧倒的です。

下記のように、べスティングソリューションの利点を述べさせていただきます。

1.自動化されている

ホワイトラベル付きのべスティングソリューションが必要となる最初の理由として、ロックアップに利用される、効率で、しっかり開発されたプログラムだと評価されています。

ウォレットアドレスが混同される可能性があり、または一部の投資家がトークンを一切に請求できないマニュアルべスティングと異なって、べスティングソリューションを採用することで、時間・工数・リソースを効率に削減することができます。

請求時間になったら、投資家がポータルページにアクセスして、混雑状況ならず、素早くトークンを請求することが目立つな利点です。

2.高速でトランザクションを実行できる

請求申請がスマートコントラクトに送信された直後、ユーザーのトークンが直ぐにリリースされるようになります。よって、べスティングソリューションを利用して、ロックアップされたトークンを迅速で請求でき、投資家はVestedトークンをいつも時間通りに受け取れるようになります。

そいうようなメリットを有しているため、べスティングソリューションを導入しているプロジェクトに対する信頼感が強くなりつつ、多くの好評も得ているのは事実です。

請求プロセスについて、投資家からトークンの請求申請が来たら、スマートコントラクトの方で、本人がVestedされたかどうかを内部確認した上で、条件を満たした場合、

数分間でトークンが請求者のウォレットに送金されてきます。

3.受け入れやすいガス代

べスティングソリューションが必要となる三番目の理由は、不要なコストを削減することです。USDT(ERC-20)の取引を例に挙げると、通常、35米ドルがガス代として差し引かれます。

つまり、マニュアルべスティングスケジュールの管理者が500名の投資家に分配する場合、トランザクションを実行する度に、毎回35ドルのガス代がかかります。 しかし、べスティングソリューションを採用すると、トークン分配作業が一括で行われるため、ガス代を一度だけ支払えば済みます。

4.より高い安全性

Vestedトークンは、ウォレットに保管されるより、べスティング用のポータル上で保管するのはより安全だとみなされています。

 ロックアップされたトークンを自分のウォレットにそのまま保管すると、ハッカーの狙いとなり、侵入されてしまう可能性が高いです。

ある統計データにより、ハッキングされたウォレット事件の件数がハッキングされたべスティングポータルの件数より多く発生しました。その上、マニュアルべスティングのセキュリティの弱さこそ、コミュニティからの信頼をうしなってしまうことに繋がっていると言われました。

従って、ホワイトラベル付のべスティングソリューションを導入することで、御社のプロジェクトをコミュニティに透明性を見えるようにできるでしょう。

トークンのロックアップへEkotekのべスティングソリューションを導入する。

Ekotekは、長年にわたって存在してきたブロックチェーン開発会社として、さまざまなプロジェクト向けにもっとも強力なホワイトラベルのべスティングソリューションを構築してきました。

セキュリティ性がどんなべスティングスケジュールでも、最も重要であることをよく認識しており、私たちのワールドクラス開発チームは、迅速で正確なべスティングソリューションを構築する方法には真剣に考慮していきます。

それに加えて、私たちのUI /UX開発者チームは、ブランド識別と一致している方向でべスティングソリューションのUIを構築しており、そのようなカスタマイズはユーザーに

素早く、効率にコミュニケーションをとれるようになります。

ご遠慮くなく、いつでもEkotekにご連絡いただき、我々は御社のご要望を色々ヒアリングさせていただた上で、最もふさわしいべスティングソリューションを提案いたします。

弊社の提案に合意してもらえば、べスティング用のポータルサイト構築を直ちに着手し、数週間で完了させ、上手く運用するまでサポートいたします。

Ekotekのべスティングソリューションに関する実績ですが、人気のあるNFTifyBeyondFinanceのべスティングポータルを構築しました。

弊社ご提供するべスティングソリューションについて詳しい情報を手入れたい場合、

ご遠慮なく、ここでご相談くださいませ。

ホワイトラベルのべスティングソリューションをもっと詳しく調べたい方はこちらをクリックしてください。

共有する
Eメールで最新情報を受信
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたエコテックのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
関連投稿
日本は再び、Web3へ: 2023年レポート
日本は、2014年のMt.Goxと2018年のCoincheckのハッキングという大きな挫折を味わうだけで、暗号資産に早くから参入していたのです。それ以来、顧客資産と取引所資産を分けなければならず、ほとんどの取引所資産はコールドウォレットに保管しなければならないといった厳しい規制が敷かれています。これらの規制は、日本におけるWeb3の発展を妨げるかもしれませんが、FTXが崩壊したときに本当にその強みを発揮しました。 そして、2022年に岸田文雄首相が就任し、日本はWeb3業界のキープレーヤーになるための大きな計画を立案しています。他国が危機を恐れる中、日本はチャンスと捉えています。経済産業省に専門政策室が設置され、Web3の拡大を可能にする政策づくりに注力することになりました。 承認された: Web3白書 “クールジャパン” 日本は4月6日、日本の暗号産業を後押しするための提言をまとめた「クールジャパン」白書を承認し、税制改革、会計基準の明確化、DAO法などを提案しました。提言の内容は以下の通りです。 日本は技術中立的で責任あるイノベーション、特に暗号資産とブロックチェーンについて再ポジショニングを行う。 他社が発行したトークンを保有する企業に対する免税措置など、追加的な税制の変更。 DAOの法律は、日本の合同会社(有限会社に近い)を参考。 流通するトークンや新しいトークンに対して、より透明性の高い審査を行うこと。 既存のWeb3企業向けの会計基準や、Web3業界に参入する銀行・保険会社向けのガイドライン。 安定したコイン(国内外)および自主規制組織に対する規制。 官民連携でデータとNFTの権利を整理し、NFTを合法的に使用許可する方法を検討。 スタートアップビザ制度を拡充するため、技術者への暗号資産ビザの発行。 🔸続きを読む: 2023年のweb3トレンドについて 集結: 日本メタバース経済圏 今年2月、日本の技術や金融界の大企業10社が、オープンなメタバースインフラ「Ryogukoku」を構築し、「日本メタバース経済圏」計画を発表しました。 これにより、異なるメタバースプラットフォーム間の相互運用が可能となり、企業DX、マーケティング、働き方改革、消費者DX/EXの新たな社会インフラとして機能することになります。また、金融機関では、本人認証、各種決済、データインフラ、保険などの連携が可能です。 覆される: ステーブルコイン禁止令 日本の金融庁は、2023年6月までに安定コインを解禁するが、一定の制限を設けると発表しました。日本の取引所に上場されるのは、機関の要件を満たした安定コインのみで、例えば、USD Coin(USDC)、Tether(USDT)、流動資産に裏付けられた準備金を持つものなどが挙げられています。 パイロット版: デジタル円 日本は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)であるデジタル円の利用をテストするためのパイロットプログラムを4月に開始する予定です。このプログラムは、CBDCのエコシステムを設計する上で、技術的な実現可能性や民間企業のスキルや見識を活用する方法などを検証することを目的としています。中国のデジタル人民元がCBDCレースをグローバルにリードし続ける中、日本銀行は2年以上前からこのコンセプトの実験を続けています。 […]
ベトナムで注目のWeb3開発会社トップ8
ベトナムはカスタムソフトウェア開発においてトップクラスの地位を確立しており、Web3開発への需要も例外ではありません。本記事では、このリソースシフトの理由と、Web3製品・ビジョンを実現するベトナムのWeb3開発企業についてご紹介します。 なぜベトナムでWeb3開発のアウトソーシングを行うのか? ベトナムは、Apple、Samsung、IBM、Microsoft、Intel、Nokiaなどのグローバル企業から信頼され、過去10年間、技術のための最適な目的地となってきました。この動きを加速させている主な要因は以下の通りです。 国の政治的安定と継続的な社会経済成長 インドより30%、中国より50%、米国と比較すると90%という驚異的な開発コストの安さ 米国、日本、韓国、シンガポール、中国からの安定した海外直接投資 テクノロジー分野では50万人以上の豊富で熟練した労働力があり、毎年5万人以上が卒業している(教育訓練省のデータ) 技術に精通し、教育熱心な活気ある若い世代が多い 🔸 もっと読む:2023年のWeb3トレンド ベトナムのトップWeb3開発会社 Clutchの情報をもとに、Web3開発を提供しているベトナム企業を、様々な要素からランキングしています。 会社規模 プロジェクト規模 クライアントレビュー Web3のサービス&ソリューションの範囲 これらの基準はすべて執筆時に記録されたものであり、将来的に変更される可能性があることにご注意ください。では、さっそく本題に入りましょう。 まとめ 今回ご紹介した会社は、いずれもベトナムのWeb3開発会社の中でもトップクラスで、それぞれが強みと専門性を持っています。あとはあなた次第です。一番安価な会社ではなく、最も価値のある投資対効果の高い会社を選んでください。 Ekotek Technology(イーコイオス・テクノロジー)は、世界中の200社以上のグローバルクライアントに、あらゆる業界やステージで開発サービスを提供するための専門知識とリソースを備えています。アジャイルアプローチ、既製のソリューション、絶え間ない技術アップグレードにより、最も複雑な開発要件であっても、高品質かつ納期厳守で、予算内に納品できます。 このフォームにご記入の上、戦略的なご相談をお申し付けください。
Web3ゲームのエコシステム – 包括的なエコシステムを開発するための戦術
NFTの台頭により、Web3ゲームシーンは、ブロックチェーンベースの技術がまだほとんどの人にとって新鮮だった2021年に、どこからともなく爆発的に広がりました。それは、100万人以上のアクティブなプレイヤーを有する15億ドルの産業となったのです。 現在では、Web3ゲーム業界は、継続的な発展が困難な状況にあります。Web3ゲームプロジェクトは毎年何百と出てきますが、長期的に価値を保てるのはそのうちの数本だけです。また、誇大広告が次第に、そして最終的には減速していく中で、「稼ぐ」要素を優先することが有効な戦略ではなくなってきているため、プレイヤーの関与を維持することが問題になってきています。 サステナブルなWeb3ゲームのエコシステムは今後の課題ですが、エコシステム全体を正しく構築することは、これから登場するゲームプロジェクトにとって、まだ難しい部分です。このライトペーパーでは、これらの課題をすべて認識した上で、 Web3ゲームのエコシステムを作るための最新の戦術をご紹介し、サステナブルなWeb3エコシステムを作るために採用できるような情報をお伝えします。 📌詳細 出版日:2022/12/19 言語 英語 ページ数:8 読書時間 4分 フォーマット PDF もくじ 1. Web3ゲーミングの概要 2. 9割のWeb3ゲームの問題点 3. サスティナブルなWeb3ゲーム・エコシステムのための戦術 4. まとめ 📌 サステナブルなWeb3ゲームのエコシステムを構築するための戦術をご覧ください。 ダウンロード 自信を持っているWeb3ゲームビジネスのアイデアを手に入れましたか? 当社のWeb3ゲーム開発サービスを参照して、あなたに合ったものを見つけることができます。 […]
Web3ゲームとは何ですか? 従来のゲームとはどう違うのですか?
Interpretの調査によると、コンソーラーとPCのゲーマー1,500人のうち、56%がゲームを通じてNFTを獲得することに関心を持っていることがわかりました。また、この記事をクリックされた方は、NFT、ブロックチェーン、そして最終的にはWeb3のゲームへの応用に魅了されている可能性があります。 Web3ゲームとは一体何なのか? 従来のゲームとどう違うのか? ゲーマーにとってどのような関係があるのか? 注意すべき点はあるのか? などなど、様々な疑問があると思います。この記事は、Web3の世界をよりよく理解し、自分で挑戦する準備をするために書かれたものです。 従来のゲームソフトの概要 ビデオゲームは、世界で最も人気のあるエンターテインメントの形態となりました。この分野の市場規模は現在2,000億円を超え、年間10%以上の成長を続けています。2023年末には、総人口80億人のうち30億人がゲームユーザーになると予想されています。 ゲームは、3つの主要なプラットフォームで、数十のジャンルにまたがっています。PC、モバイル、コンソールの3つの主要プラットフォームで、オンラインとオフラインの両方に対応しています。しかし、マネタイズとなると、大きく分けて2つのモデルしかありません。1つ目は、フルアクセスするために固定料金を課すプレミアムゲーム。2つ目は、より多くのプレイヤーベースを魅了し、ゲーム内課金や広告で利益を得る無料ゲームです。 ゲーム産業が成長するにつれ、その弊害も明らかになっています。購入した資産は、そのゲームのエコシステムの中でのみ価値を持つため、消費者の支出に負担がかかります。また、ゲーム内資産から個人情報まで、ゲームユーザーは真の意味で何かを「所有」しているわけではなく、ゲームパブリッシャーが主導権を握っているのです。 そこで、クリエイターからプレイヤーへのパワーシフトを促進するために、Web3ゲームというコンセプトが生まれました。 Web3ゲームの登場 2017年、CryptoKittiesが最初のWeb3ゲームを開始し、カスタマイズされた猫のNFTを繁殖させ取引するニッチなコミュニティが誕生しました。その後、2021年の世界的なパンデミックの中、Axie Infinity(誰もが聞いたことがあるはずの名前)がスケーラビリティのソリューションで登場し、数百万のユーザーを引き込み、マーケットキャップの数十億を押し上げました。 では、Web3ゲームとは一体何なのでしょうか? Web3ゲームは、従来のゲームとは異なり、ブロックチェーン技術を活用した暗号資産やNFT(non-fungible token)を獲得することができるゲームです。プレイヤーは獲得した資産を所有し、マーケットプレイスで仮想通貨や現実世界の通貨と交換することができ、2つの世界の境界線を曖昧にすることができます。 今日までに約2,000ゲームがWeb3開発会社によって発売され、Gods Unchained、Decentraland、The Sandbox、Alien Worlds、DeFi Kingdomsなどの著名なゲームもあります(2023年1月更新)。Web3モバイルゲームは依然として市場で最も人気のあるプラットフォームですが、PCベースのタイトルも増加傾向にあります。 🔸 2023年のWeb3トレンドにご興味がありますか? この記事を読んでくだい。 Web3と従来のゲームとの主な相違点 Web3ゲームの登場 2022年の暗号資産冬にも関わらず、Web3ゲームは622,620から1,152,255まで、デイリープレイヤーで85%の成長を記録しています。また、全ブロックチェーン搭載アプリの49%を占め、トランザクション数は74億という驚異的な数字を記録しています(出典:DappRadar)。 この業界は、世界中の何百万人どころか何十億人ものプレイヤーにその可能性を認められ、ベンチャーキャピタルから25億ドル以上の資金を調達しているのです。Web3の概念 では、ゲームに対するコントロールの一部をプレーヤーに奪われるかもしれませんが、プラスαの利点でそれを補うことができるのは間違いないでしょう。パブリッシャーには、以下のことが可能です。  ゲームの正式リリースを待つことなく、開発の初期段階からコミュニティを成長させ、参加させることができる。 より多くの顧客にアピールすることで、エンターテインメント性または金銭的な動機による定着率を高めることができる […]
サステナブルWeb3ゲーム – 総合ガイド
ゲーム-かつて子供のような趣味と考えられていたものは、今や他のあらゆるレガシー産業を凌駕する産業へと変貌を遂げました。時代や地域を超えた世界的な現象となっています。 そして、グローバルなゲームムーブメントの一環として、Web3ゲームもまた、ゲーム産業の次の自然なステージとなる可能性を秘めた急成長を遂げています。Web3ゲームは現在、15 億ドル規模の産業となり、100 万人以上のアクティブなプレーヤーがいます。また、予測される数字によると、この産業は2025年までに10倍に成長し、最終的には従来のゲームに取って代わると予想されています。 これだけの成長が見込まれるにも関わらず、現在のWeb3ゲーム業界はサステナビリティの問題を抱えています。多くのゲームプロジェクトは、できるだけ早く収益を最大化することを目標に作られており、サステナビリティやプロジェクトがいつまで続くかについては考慮されていないのです。 このライトペーパーでは、このサステナビリティの課題を取り上げ、解決策を提案し、あなたのゲームプロジェクトでより良いアクションを考案する手助けになればと思います。これらの洞察を行動に移すために専門のWeb3ゲーム開発チームをお望みなら、Ekotek Technology(イーコイオス・テクノロジー)はいつでもお手伝いいたします。 📌 詳細 出版日: 2022/11/31 言語 英語 ページ数:10 読了時間:6分 フォーマット PDF もくじ Web3ゲームのクイック・ウォークスルー Web3ゲームプロジェクトで考慮すべき要素 Web3ゲームのサステナビリティについて 📌Web3ゲーム業界はサステナビリティの問題を抱えています。 この問題を回避し、NFTエコシステムを構築する方法をご覧ください。 ダウンロード 自信を持っているWeb3ゲームビジネスのアイデアを手に入れましたか? 当社のWeb3ゲーム開発サービスを参照して、あなたに合ったものを見つけることができます。 今すぐ調べる
Eメールで最新情報を受信
製品、サービス、イベント、プロモーションに関する最新ニュースなど、自分の興味や好みに合わせたエコテックのコミュニケーションを受信したいです。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。
私たちがお手伝いできることをご覧ください。
ベトナムへのアウトソーシングをお考えですか?
さまざまな賞、ランキング機関、および企業のWebサイトからのデータに基づいて、利益を最大化するベトナムのトップソフトウェアアウトソーシングのリスト。
thumbnail-ebook